前へ
次へ

設備投資から見る物品賃貸業の見通し

3か月に一度発表される日銀短観の業況判断からリース業に代表される物品賃貸業の業績見通しについて考えて

more

短観における物品賃貸の扱いについて

短観とは、日本銀行の全国企業短期経済観測調査の事を言います。つまり、短い期間においての日本全国の企業

more

分類項目の見直しを考える

物品賃貸や短観に向けての内容を短観という展開できちんと確認していくような展望が大事にもなっており、業

more

短観にみる物品賃貸業について

日本銀行が四半期ごとに発表している全国企業短期経済観測調査、いわゆる短観、は、様々な業種の企業がどのような動きを見せているかを調べ、日本の経済状況を図る手がかりとして国内外から注目されています。物品賃貸業に限っていえば、様々な物品を扱う業種だけに、なにがどれだけレンタル・リースされる傾向があるか、ということが予測しにくいといえます。近年の物品賃貸の短観を見てみると、2007年ごろがら業況判断がマイナスになったのち、その傾向が2011年終わりごろまで続きました。その後プラスに転じ、緩やかながら業況は好転し続けているといえます。また、2020年東京オリンピックが決定したことなどもあり、今後も当分はプラスの状況が続くと予想されるでしょう。

水回りのトラブルはスマート設備におまかせ

和風・アメリカン・北欧スタイルなどお客様の住まいのカタチを実現
憧れを実現する山梨の新築注文住宅建設会社です

どこのリフォーム会社も高くてなかなか見つからない
ハイセンスなデザインで低価格のリフォーム会社はこちら

茨城 リフォーム

短観における物品賃貸についての話題

短観における物品賃貸情報を調べたいという人は、今後どのような方法にて調べておくのが良いのかと言いますと、今のような時代ですと、やはり、インターネットを利用するのがベストと言えます。インターネットであれば、どのような情報であったとしてもとても手軽に情報を入手することが可能となっております。この短観指数等につきましても、とてもリアルタイムな情報をスピーディーにゲットすることができます。色々なインターネットサイトがありますので、自分自身にとりまして、もっとも見やすいものを使ってみるのが良いです。しかも、最近の傾向と致しましては、これらの表に関しましては、無料という形で情報収集できるようになっています。

Page Top